仕事中にミスを犯してしまって会社に損害を与えた場合の損害賠償は     一覧へ戻る
           

 仕事中にミスを犯してしまって会社に損害を与えてしまいました。会社からは、会社が被った損害全額を支払うように言われています。また、もし支払わないのであれば給料から天引きすると言われています。どうしたらよいでしょうか?


 仕事中のミスで会社に損害を与えてしまった場合であっても、過失とは言えないほどの些細なミスであった場合等であれば、損害賠償を支払う必要がない場合があります。

 また、仮に、損害賠償を支払わなければならない場合であっても、会社が被った損害全額を負担しなければならないわけではありません(もっとも、会社のお金を横領した場合など犯罪行為は別です)。どの程度の賠償義務を負うのかはケースバイケースというほかありませんが、通常、労働者の過失の程度や、使用者側の管理体制、労働者の置かれた状況等の事情を考慮して、賠償額を制限されることになります。

 あなたが損害賠償を支払わなければならない場合であっても、賃金から損害賠償を天引きすることは違法とされています。もし会社から賃金からの天引きする同意書等への署名を求められても応じる義務はありません。

 そこで、どのようにこの問題を解決すべきかですが、裁判手続以外でも、労働組合を通して団体交渉や、都道府県労働委員会にあっせんの申し立てを行い解決の図ることもできます。それでも解決できない場合は、弁護士と相談することをおすすめします。